わったの卓球ブログ

全ての卓球ユーザー必見の卓球情報ブログ

【上級者の考え方】ブロック力は勝ちに直結するということ【卓球】

スポンサーリンク

卓球には色々な技術が存在しますね。

 

サーブ、レシーブ、ドライブ、ツッツキ、ブロック・・・・。

 

たくさんの技術がある中で、実は「ブロック」が一番大切なんです。

 

今回は、そんなブロックについて解説していきます。

 

f:id:watta_takkyu:20191010162207p:plain

1.ブロック力でなんでも解決できるということ

例えば、レシーブがうまくできない。

 

その場合の解決策を探すのは、非常に難しい。

 

でもブロック力がある人ならどうか。

 

「ロビングでもいいから頑張って返してブロックの体制で待っておこう」という戦術を取ることができます。

 

他の例では、下回転に対してループドライブしかできないからいつもカウンターされるという場合ならどうか。

 

ループドライブの質を高めたりスピードドライブで攻められるように練習しているけどなかなかできない、勝てない。

 

そんなときでもブロック力さえあれば、カウンターされてもブロックできるからラリーに持っていこうと考えることができるわけです。

 

つまりブロックは、できないことがあってもそれら全てを補った戦術を立てることができる万能薬と言えます。

 

2.精神安定剤になり得るということ

「困ったらブロックすればいい」

 

このように考えることができれば、非常に心にゆとりを持って戦うことができます。

 

台上がうまくできない→ツッツキしてブロックで待てばいい。

 

サーブが甘くてチキータされる→ブロックで返してラリーにする

 

人生にも言えることですが、逃げ道があると人は心にゆとりを持つことができ、結果的に物事が成功したりするわけです。(もちろん、サボる理由になってはいけませんが)

 

あれができないからそこばかり気にして負けてしまった。

 

そんなメンタル面の負けを回避することができるのがまさに「ブロック」

 

ブロック=精神安定剤

 

みたいなものですね。

 

ブロック力に自信のある選手は、自分のブロックという土俵に相手を引き摺り込んでみてはいかがでしょうか?