わったの卓球ブログ

全ての卓球ユーザー必見の卓球情報ブログ

チャレンジしようぜって話

スポンサーリンク

今日は卓球と関係ないお話を。

 

ツイッターのプロフィールにこんなことを載せてます。

 

「読書と旅が好き」

 

そう、自分の趣味ってこれくらいなんですよ。

 

昔から1人が好きなお話

 

友達とわいわい遊んだりすることもないし、お酒も1滴も飲みません(というか、飲めません)

 

基本的に1人行動が大好きで、昔から読書と旅が好きです。

 

電車の移動時間ではせっせと読書をして、仕事で遠出するときは色々散策したりしています。

 

よく読書をしていると「まじめだね〜〜」って言われるけど、全くもって違います。

 

好きだから読書してるだけです。

 

みんなが電車移動中にスマホをいじるのと同じ感覚で、読書してるだけです。

 

だって好きだから。

 

アウトドアで「うぇ〜〜〜いwww」みたいな生活も無縁で、遠出するなら1人で観光地や街並みを見るのが大好き。

 

友達も昔から少ないので、割と気楽です。

 

世の中色々チャレンジしてみたいお話

 

で、本題に入ると世の中は好きなものを発信できることであふれています。

 

このブログも自分が文字を書くのが好きだから続けていますし、YouTubeだってその他のサービスだって色々な手段で「自分の好き」を発信できるわけです。

 

別にお金にしたいわけではなくて、自分の好きを発信し続けていくことでそこからたまたまお金が発生したり、お仕事が発生したり。

 

ビジネス目線だけで物事を見るともっと手っ取り早い方法があるので、あくまで好きを発信した結果おまけでお金がついてきたらいいな〜くらいの感覚で新しい発信をしていこうかと思っています。

 

今やっている卓球のYouTubeも好きだから続けているだけで好きじゃなくなったらやめますし、あまりYouTubeに固執しているわけではないです。

 

なので読書や旅を発信することを何かの媒体でやろうか〜なんて模索中。

 

出版業界と関わりを持ちたい話

今後のキャリアを考えた時に5年以内くらいには読書を仕事にしたいな〜なんて思っているわけです。

 

だって好きだから。

 

せっかくフリーランスっていう自分のやりたいことをやれる環境にいるので、やりたいと思ったことにはすぐチャレンジしたいですね。

 

なんでも新しいことを始めるときは批判がつきものですが、自分は特に気にしないです。

 

自分のやりたいことを周りの視線のために気にしてたら本当に勿体無いなって思います。

 

今の若者(自分も若者ですが)は周りの目ばかり気にしてやりたいことのチャレンジもせず、周りの環境にただ文句を言うだけの人が多い気がします。

 

文句言う前に自分で環境作ろうぜ。

 

なので自分も出版業界で働きたいな〜ってただ口で言うんじゃなくて、行動し始めようかなと思った、そんな1日でござった。

 

f:id:watta_takkyu:20191004223838j:image