わったの卓球ブログ

卓球のことをメインに、気ままに載せています。

【スポンサーリンク】

【卓球】なぜバックハンドが振れない人が多いのか

スポンサーリンク

 バックハンドが振れなくて悩んでいる人って、思いのほか多いと思っています。

 

卓球の指導・レッスンをしていても、

 

「バックハンドが振れなくて困ってます!」

 

って人がめちゃ多いです。

 

ちなみに自分は、フォアハンドと同じくらいバックハンドが振れるのが強みです。

 

というわけで今回は、

 

「なぜバックハンドが振れない人が多いのか」

 

について書いていこうと思います。

 

 

1.体のつくり的に力を出しづらい

人間の体のつくり的に、バックハンドの振りは力を出しづらいです。

 

これはもはや、しょうがないことですが。

 

例えば物を遠くに投げるときに、バックハンドのフォームで物を投げる人はほとんどいないと思います。(フリスビーくらいだと思います)

 

力を出しづらい=力をボールに伝えづらい 

 

なので、良いボールを打とうと思ってもつい力んで打ってしまう人が多いです。 

 

2.圧倒的に練習量が足りない

結局は、これなんです。

 

自分も昔はバックハンドを振ることができませんでした。

 

でも今は、自由自在にバックハンドを振ることができます。

 

それはなぜか。

 

練習したからです。

 

「そんなの当たり前だ!自分も練習してるわ!」

 

って思う人もいるかと思いますが、本当にそうですか?

 

ほとんどの人は、フォアハンドで1本1本のフットワーク練習はするのに、バックハンドで1本1本のフットワークはしません。

 

大抵はワンコースで打つ練習をして終わりです。

 

フォアと同じくらいバックを振れるようになるためには、フォアと同じくらいバックの練習をしなければ無理です。

 

フォアでは動きながらたくさん打つ練習をするのに、バックではワンコースの練習しかしない。

 

それじゃあバックは上手くなりません。

 

自分の中では、

 

フォアハンド=バックハンド

 

なので、フォアハンドで行うフットワーク練習は全てバックハンドでも行います。

 

結局は、そこの差なのかなと思っています。

 

ちょっとしたバックハンドのコツは解説していますので、ぜひYouTubeのチェックを(^^) 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

明日からはたくさん、バックハンドの練習をしましょう♪

 

卓球の指導、レッスンは随時行っておりますので、ツイッターのDMからお気軽にご連絡ください^_^

 

【スポンサーリンク】