わったの卓球ブログ

卓球のことをメインに、気ままに載せています。

【スポンサーリンク】

【卓球】トルネードキングをラージボールで使ってみた

スポンサーリンク

今回はトルネードキングをラージボールで使用しました。

f:id:watta_takkyu:20181120114404j:image

 

 

 

今回使用した用具↓

トルネードキング


ニッタク ラケット 卓球 トルネードキング ST - - (国内正規品)

 

ロイヤルラージ


ニッタク(Nittaku) 卓球 ラバー ロイヤルラージ ラージボール スピード NR-8559 レッド MAX

 

普段使っているラケットはこちら↓

 

www.watta-tt.com

 

 

少し打って感じたのは、馬龍5よりも飛ばないということです。馬龍5、トルネードキングともに同じ5枚合板ですが、板厚がトルネードキングの方が少し薄いです。その分飛ばなく感じると思います。

 

どちらの打球感の方が良いか、これは完全に好みが分かれますがどちらのラケットもラージボールにはすごく向いていると思います。

 

馬龍5の方がトルネードキングよりも「ポコッ」という特殊素材に近いような打球感があります。なので、普段特殊素材のラケットを使って変えようと思う人は馬龍5、木材ラケットから移行したい人はトルネードキングをおすすめします。

 

 

 

トルネードキングは馬龍5よりも飛ばない分、台上技術はかなりやりやすいです。フリックやストップ、ツッツキが安定します。ただやはり距離をとってラリーになると馬龍5の方が威力が出るので、そこは選手のプレースタイル次第ではあります。

 

ただ決定的な違いとして、馬龍5にはグリップにSTがなく、トルネードキングにはST、FLともにあります。自分が馬龍5に欠点を挙げるとするとこれで、硬式ではSTのラケットを使っているので、握った感触があまり好みではないです。

 

握った感触は自分がすごく大切にしている部分なので、今後馬龍5を使うかトルネードキングを使うかは少し検討してみます。

 

今回はこの辺で。

 

おわり。

 

【スポンサーリンク】