わったの卓球ブログ

卓球のことをメインに、気ままに載せています。

【スポンサーリンク】

【卓球】ラージボールのサーブのコツは?

スポンサーリンク

今回はラージボールのサーブについてです。

前回の記事↓

www.watta-tt.com

 

 

前回の記事では、ラージボールのサーブは「低く出すこと」を意識すると書きました。

ではどのようにしたらサーブは低くなるのか、自分なりのポイントを紹介します。

 

まずラージボールでは、自分は手首をほとんど使いません。これが硬式との大きな違いだと思います。

手首を使ってサーブを出すと、ボールを薄くとらえてしまいます。

硬式だと薄くとらえることによって回転がかかりますが、ラージボールではなるべく厚く当てます。

 

理由は簡単。

薄くとらえるとネットまでボールが届きません(自分が下手なだけかもしれませんが。笑)

なるべく厚くとらえ、エンドライン付近にたたきつけることによって、安定してネットを超えてサーブを出すことができます。

 

ですが、そのままだとサーブが高く浮いてしまいます。

そこでもう一つ重要になってくるのが、サーブを出す高さです。

 

 

台と自分のラケットの位置が離れているほど、バウンドは高くなってしまいます。

なので、なるべく台と自分のラケットの位置を水平に近い位置で打球します。

そうすることによって、より低いサーブを出すことができます。(もちろん水平すぎてもネットに届きません。)

 

ポイントをまとめると、

「台とラケットの位置をなるべく近づけ、手首を使わず、なるべく厚くあてる」

 

今回は、自分なりのラージボールのサーブのポイントについてまとめました。

もちろんいろいろな考え方があるので、あくまで一つの考えとして参考程度にしてください。

 

今回はこの辺で。

おわり。

 

【スポンサーリンク】