わったの卓球ブログ

卓球のことをメインに、気ままに載せています。

【スポンサーリンク】

【卓球】ラージボールで勝つ選手とは③

スポンサーリンク

①、②はこちらから↓

www.watta-tt.com

 

www.watta-tt.com

 

 

 

今回は「サーブ・レシーブ」に焦点を当てていきます。

 

まずはサーブ。

そもそも、ラージボールではサーブに回転がほとんどかかりません。

じゃあ適当に出してもいいのかというとそういうわけでもないです。

 

なにを意識すべきか。

 

自分は「とにかく低く出すこと」を意識しています。

なんだそんなことかと思う人、多いと思います(笑)

これにはちゃんと理由があります。

 

 

 

ラージボールのサーブは硬式と違い、かなり止まる分ぼんぼんの浮いたサーブになりがちです。

なので硬式上がりの人は、サーブが浮いてスマッシュされて終わり。ということがよくあります。

ラージボールは台上でもスマッシュに近いボールが打てるので(それについては後日)、台上はいかに浮かさないかが勝負になってきます。

そうした意味で、当たり前のようで難しい「サーブを低く出す」ということをポイントにあげました。

それができるようになって初めて、サーブに変化やコース、スピードを求めていければいいかな、と思います。

 

となるとレシーブでは何を意識するか。

 

相手がラージボールに慣れていない場合、台上で甘いサーブが多いです。

そこがねらい目です。

もちろん、お互いにラージボールに慣れている人同士であれば戦い方は変わってきますが、ラージボールに慣れていてもサーブを台上にうまく収めることが難しいです。

 

以前載せた動画

www.youtube.com

 

 

 

恐らくほとんどの方はラリーに注目してみていると思いますが、サーブレシーブに注目してみてください。

特に自分のサーブ、9割以上台から出ています(笑)

(もちろん緊張していたのもありますが。笑)

 

それくらいサーブのコントロールが難しいからこそ、甘くなったボールをいつでも決めに行く姿勢でレシーブをする、というのは大切な気がします。

 

今回はこの辺で。

おわり。

 

【スポンサーリンク】