わったの卓球ブログ

卓球のことをメインに、気ままに載せています。

【スポンサーリンク】

【卓球】両ハンドの切り替えのコツは?

スポンサーリンク

要望があったので、今回は両ハンドの切り替えについてです。

 

www.youtube.com

 

 

 

こちらの動画を出したときに、両ハンドの切り替えで意識していることを聞かれました。

 

大きく分けて3つです。

①バックスイングはとりすぎない

②手ではなく足から動かす

③バックハンド時には親指を立てる

 

順に解説していきます。

 

 

 

まずは①バックスイングはとりすぎない

 

これはそのままだと思います。

動画を見ていただけると分かりますが、バックスイングは本当に小さいです。

バックスイングを大きくすると、確かに威力は出ますが、その分当りそこねや振り遅れが多くなります。

 

 

 

自分は卓球に威力ではなく安定感やミスの少なさを重視しているため、このようなスタイルに落ち着きました。

 

次に②手ではなく足から動かす

これは、自分の体よりも遠いところにボールが来た時に、まずはボールの方向に足を出してからそのあとに手を出す、ということです。

手から先に出してしまうと、体制が整っていないためミスが多くなります。

必ず足で微調整してからラケットを振る。

これを意識するだけでミスはだいぶ減ると思います。

 

 

 

最後③バックハンド時には親指を立てる

切り替えのコツというよりはバックハンドのコツになってしまいますが、フォアハンド時には親指は下げますが、バックハンド時には親指は立てます。

理由は「バックハンドは面の角度が命」だからです。

バックハンドはフォアハンドとは違い、体の正面で打球します。

フォアハンドは体の構造上力が出しやすいのでうまく角度を微調整できますが、バックハンドは意識しないと難しいです。

そこで親指を立てることによって、面を安定させることができます。

ラージボール、硬式共にフォアハンド以上にバックハンドは角度が大切です。

意識してみてください。

 

以上、両ハンドの切り替えで大切な3つのことでした。

 

おわり。

 

【スポンサーリンク】